仏教用語解説

仏教用語の中から、ためになる言葉を紹介したいと思います。よろしく。
だけど、ここで、このような形で宗教用語を解説していますが、あくまで
信仰の中からためになる部分を日常生活に生かして行こうという意味でです。
宗教の勧誘ではありませんので、勘違いしないよーに。(笑)


変毒為薬

みなさん、こんにちは。

仏教の言葉では変毒為薬という言葉があります。

で、意味はと言うと、もともと別の意味で使われていたのですが、
仏教のある宗派では、人間は、例えば、いつも常に金がない、
仕事が上手く行かない、人間関係が上手く行かないなど
の様々な苦悩を抱えていますが、だからこそ、そのような
苦難に挑戦し、克服していってこそ、自らを成長させて
いけるという意味になります。

そして、ともすれば、私達はいつも困難なことがあると、すぐ 諦めて
しまったり、問題から逃げてしまったりと、つい安易な道を選びがち
ですが、やはり、そうするのでなく、困難なことがあると、だからこそ、
そのような苦難に敢えて挑戦し、克服していきたいものですが・・・

みなさん、そういう意味で「変毒為薬」していますか?
私は出来て いませんが。(^_^;;;

では。(^_^)/

1条の堀を越えぬ者が20条の堀をこうべきか。

みなさん、こんにちは。

昔の仏教のある高僧が言ったセリフにこんな言葉があります。

で、意味はと言うと、大きな夢を持っていても、日常生活の中で
すら、最低限のことが出来ていない限り、どんな大言壮語しても、
とても実現出来ないという意味だが、個人的には、いつも無茶
苦茶な日常生活を送っている私には、耳の痛い話だな。(核爆)

個人的には、何とかしないといけないんだがな。(^_^;
だけど、みなさんはどう?その辺、日常生活の中で
いつも、ちゃんと出来てますか?

では。(^_^)/

十界論

みなさん、こんにちは。

仏教の言葉で十界論という言葉があります。

で、意味はと言うと、それはさておき、
十界論を具体的に言うと、十界とは、

地獄界
餓鬼界
畜生界
修羅界
人界
天界
声聞界
縁覚界
菩薩界
仏界

です。何だか、死語に生前の行いの善し悪しによって陥る世界のようですが、
仏教のある宗派では、違い、十界それぞれが生きている間の人間の
一瞬一瞬の生命状態その物で、具体的には悪い状態から順に

地獄界
悩みや苦しみでいつも辛く感じる生命状態
餓鬼界
とどまるところを知らない欲のため、食欲や他のあらゆる
欲望の虜になり、常に満たされないで苦しむ生命状態
畜生界
人間としての良心を忘れ、常に弱肉強食の論理で、他人の
ことを考えず、自分本位のため、苦しむ生命状態
修羅界
常に自分が優れていると思いこみ、相手を見下している慢心の
状態で、それ故、常に自分が他人に勝つことを願い、攻撃的で
自己主張欲ばかり強くなっている生命状態
人界
特に悩みも苦しみもなく、心穏やかで平静を保っている生命状態
天界
願いが叶い、とても幸せな生命状態
声聞界
様々な知識を得て物事の真実を発見し、偉くなった生命状態
縁覚界
芸術やその他、各種分野において、自らの才能のみで物事の
本質を見抜き、立派な仕事を出来るようになった生命状態
菩薩界
自らをかえりみず、困っている他人を助けられる素晴らしい生命状態
仏界
何だか分からないけど、とにかく偉くて素晴らしい生命状態

こんな感じです。ただし、私も不勉強のため、
かなり間違っているかもしれませんが。(^_^;

それはさておき、

私達は、ともすれば、いつも悩みや苦しみは当然あるし、弱いから、つい
欲に負けて、欲望の虜になってしまったり、自分のことばかり考え、
他人のことは考えず、常に自己中心的で他人のことを傷つけてしまい、

そういう意味で言えば、その時は十界でも、
かなり悪い状態の生命なのですが、

そういう意味で苦しまないためにも、みなさん、
常に努力して、十界論で言うところの良い状態の
生命状態でいられていますか?

で、え?私はどうかって?
私は・・・いけないとは思いつつ、常に心が弱く、
努力が足りないので、いつも下の方の生命状態ですが。(^_^;
だから、いつも努力して、せめて
人界以上ではありたいものなんですけどね。(^_^;;;

では。(^_^)/

煩悩

みなさん、こんにちわ!

ですが…仏教では、人は「煩悩」と呼ばれる欲望や執着を持つがゆえに
苦しむ事となります。

で、煩悩には、下記の様な「三毒」に代表される「六大煩悩」と呼ばれる
物があります。

六大煩悩
言葉読み意味
貪欲とんよくむさぼる様に欲しがる
愚痴(無明・無知)ぐち(むみょう・むち)真実を知らない愚かさ
瞋恚しんに思い通りにならないと、腹を立てる
まんおごり高ぶる
よく考えもせず、真理を疑う
悪見あっけん間違った見解を持つ

特に上記の貪欲・愚痴・瞋恚は強力な煩悩として、「三毒」と呼ばれます

ですけど…私達はいつも、つい…上記の様な「煩悩」と呼ばれる欲望や
執着を持ってしまい、結果として…自分で自分の首を絞めて、苦しむ事に
なってしまいがちですので、やはり…気を付けたいものです…A(^_^:

では。(^_^)/


メインメニューに戻る